ねむみのなかみ

さまよえるアラサー、ねむみの散文です。

消耗しない

こんにちは、ねむみです。

 

毎日バタバタで消耗気味です。

これはほんとに、やらなくていいことを削除していかねば。

 

消耗するとろくなことがないので、

・余裕をもって行動する

・がんばらない

この2つをやって、消耗を防ぎたいとおもいます。

 

がんばると疲れてパフォーマンスが低下するというのがねむみの持論です。

あと、ねむみががんばってる時って頭を使ってないんですよね。

とりあえず目の前の行動はするけど、視野狭窄になってまわりのこととか、前後のことが見えなくなってくる。

 

ゆったーり構えて、少しずつ向上したいものです。できれば楽しく。

 

よし、さっさと寝ようー。

「エッセンシャル思考」読んだよ

こんにちは、ねむみです。

 

『エッセンシャル思考』を読みました。

大事なこと以外はできるだけやめていこ!そうすると成果が出るよ!という話でした。

 

本には余計なことをやらないことのメリットデメリットや、やらない方法がていねいに解説されていますが、

まずは、自分の本質を見極めることが必須です。

それをしないことには次のステップ、「やらない」ができません。

 

自分の本質、自分にとって大切なこと。

これってきっと、分かっているんです。

でも、ねむみは「こんなん甘えだよな」とか

「みんなこれくらいは我慢してる/頑張ってる」って思っちゃって

抑え込んでいるうちに霞がかかってよく見えなくなりました。

 

エッセンシャル思考、まずは「本質を見極める」というファーストステップが実は一番大変かもしれません。

 

それさえできれば、あとは本質的なこと以外をやめていくだけ。

本には不要な付き合いを関係を壊さず断る方法まで懇切丁寧に解説してあります。

 

ねむみにとってだいじなことって何でしょう?

栄養があっておいしいものを、リラックスして食べること、かな?

それじゃ食べるだけの生活になっちゃうな。

自由な実感のない日曜日

ごきげんよう、ねむみです。

 

日曜日は、「荘子物語」を読んだり、家事をしたり、しました。

仕事もないので自由になんでもしていいはずなのですが、何をしても、「好きなことを好きなようにやってる!」という実感はなく。

 

好きなことをする勇気がないのでしょうか。

結局、家事やらちょっとした仕事やら勉強やらで時間を埋めました。

 

趣味も少しやりましたが、ねむみは堪え性がなくちょっとやっては休むので、達成感を感かじられるほど進みませんでした。

 

でもまぁやらないよりはましか。

 

明日もまだ休みなのですが、「やるべきこと」をリストアップしてます。

全くの空白の時間をうまく使えないのです。

だらだらとYouTubeなんかを見ているくらいなら、やるべきことをやったほうが精神衛生上良いです。

何か創造的なことをして達成感を得たいと思う今日このごろです。

ねむみは自由に生きることにした

○○しなければ、というのに縛られていたとねむみは気付きました。

 

朝は早起きしなくては

もっと良い仕事につかなければ

もっと英語を使いこなせなければ

美味しい料理を作らなければ

 

これって、とっても疲れます。

メリハリつけてお休みできる人はいいけど、ねむみは四六時中この思いにとらわれて、なんともつまらない人間になっていました。

 

それに気付いたのは、友人数人と集まって喋っていたときのこと。

みんな、自分の好きなことを生き生きと話すのです。好きなことに夢中になった結果として得た知識や情報、肌感覚の話のおもしろいこと。

一方ねむみは、どこかで仕入れた話をただ再生するだけです。

ねむみは、○○しなければ、にとらわれすぎて感情や感覚を見失い、からっぽでつまらない人間になってしまっていました。

 

こんなんじゃ嫌だ。

それにもう、なんか、疲れた。

 

というわけで、今日明日は、自分の感覚に従って生きることにしました。

あえて自己コントロールせず、

眠かったら寝る。

食べたいものを食べ、したいことをする。

大層なことはしないけど、ただ無為自然であろう。

自分らしさ、という言葉は苦手なので老子師匠の無為自然という言葉を使わせていただきます。

良い結果になる保証やエビデンスはどこにもありませんが、せっかく生まれてきたのですから、自分のやりたいこと(今回は感覚に従って生きる実験)をしたいです。

 

ではでは〜

花粉かな

ねむみは、いちにちじゅうねむいです。

頭も痛くてぼーっとしています。

鼻が終始むずむずして、詰まってます。

花粉か、黄砂やPM2.5でしょうきっと。

 

頭痛と眠気。これは厄介で、

すべてのやる気がなくなります。

ただ生きてるだけ状態になります。

生きてるだけでえらい。

 

鼻と口にべたぁっと貼り付けられる空気浄化フィルターなどあればいいのに。

頭の中がバタバタしている

ねむみの頭の中は散らかった部屋のようになっています。

やること、やりたいこと、やらなければならないことがひしめき合っていて、どれが大切かわからない。

それぞれのタスクが「今すぐ自分を処理してくれ」とピーチクパーチクうるさく鳴いています。

 

紙に書いて、ひとまず可視化します。

ねむみは頭の中だけでものごとを処理するのが苦手で、頭の中で何かしようとするとすぐにとっちらかります。

今このように文字にすると、途端に自分の置かれている状況が把握できるようになるのです。

視覚優位な性質があるのでしょうか。

図を描いて説明するのも得意です。逆に口で話して説明するのは苦手。

ねむみはものごとを言葉ではなく画で認識しているのでしょうね。

 

このブログも、音声入力で書こうと試みたこともありますが、話下手なのでうまくいきませんでした。

発話しようとすると頭が真っ白になるのです。

この癖は、雑談や面接では圧倒的不利なので、少しでもマシになる方法を模索中です。

日々、マインドマップでメモをとればもしかしたら改善するかしら?と思っています。

 

行動しつづける

何か物を買えば終わり、万事解決ハッピーエンドではないし、

セミナーとかを受けて終わりではないし、

本を読んで終わりでもない。

 

何もかも、死ぬまで続いていく。

何か行為をして、それを次に繋げ、またそれを次に繋げ…

そうしているうちに思いもしない所に繋がったり。

 

ということにやっと気付いた。

若輩であることを今日も思い知る。

 

自分なりに考えて答えを出して、行動しようっと。